2012/05/31 of 旬魚釣行web

2012年5月31日

JP 防波堤からのショアプラッギングでワラサ


回のショアブリから20日。
庄内の海には例年のないほどのイナダ・ワラサが沸きつづけた様子。
その間に海外出張などが重なり、海には出かけられなかったのが少し心残り。


回も夜明け前の現着。
潮は動いてる様子で、払い出す流れがあって、チアユのようなベイトが水面下で流れに逆らっている様子が見える。

フィールドテスターをさせて頂いているルアーレップ社から来年(2013)発売予定という、MARS(マルス)という6cmシンキングミノー(バルサ製ハンドメイド)のプロトタイプ2.8gを使用。キビキビ動くし、テンションゼロでフォールさせると、スゥーっと自然に水平フォールする。プロととはいえすでに秀逸な動きに感心する。

Ajing

流れに乗せてトゥイッチからフォール・・・目視できなくなる水深でギューンとアジ独特のひったくり。サイズは±20cmだが連発するので思わずにんまり。



全に朝日が昇るとアジは沈黙しはじめるが、キラキラと輝く凪ぎの水面には、軽い沸きが見え始めた。回遊魚だ! ボルテージが上がる。
ルアーレップ社のシンキングペンシル・SABRE(サーブル)5.5cmを結び、水面直下を逃げ惑うチアユをイミテートして通してみると・・・ズボッ!と黒い影が下から突き上げ、水柱がたちあがり、反転して魚体と黄色い尾びれが見えた。ワラサがトップウォーターで喰った!

トップウォーターで釣るワラサ

手前にテトラがあるし、何しろタックルがライトだから、沖目まで思いっきり走らせて暴れさせて体力を奪う。



事60cmクラスをランディング。

ショアカラのワラサ

アジ・メバル用のプラグでワラサ。
つけていたのはルアーレップ社のアンチランカートレブルフック(ARKTH)の#5。これがクオリティ抜群だったことも大きい。


■CONDITION
2012年5月31日 4:00am~6:00am
天候:晴れ
海況:波高0.5m
月齢:10
潮汐:小潮
場所:鶴岡市

■TACKLE DATA
ROD:85L
REEL:シマノ25000HGS
LINE:PE0.8号+リーダー
LURE:Lure-Rep Sabre55

■RESULT
ワラサ60cm,イナダ45,40cm 計3本 アジ多数


ページトップへ