2012/09/13 of 旬魚釣行web

2012年9月13日

JP 山形・庄内秋 '12 アオリイカ 第3戦


イカシーズンインで連日2000pvほどのアクセスがあり、メールもいろいろ。
秋イカは簡単に釣れるのに釣果自慢? てな意味にしかとれないメールもこの時期定番化。
自然相手のことだから、コンディションが悪かったり、渋い時だって多々あるのにね。

ローカルじゃない内陸住みだから一週間に1度いければいい方。どんな条件でもコンスタントに結果をだしたい、という思いで釣りをしてるので、その時自分がどういうメンタルで釣りをしてたのか、どういう戦略やアイディアで釣りしたのか?...をアーカイブして、それをまた次につなげているのがこのログ。釣果自慢、といわれれば、本意ではないけどある意味そうなので否定はしないけど、不快な方は先を読み進まずブラウザの【戻る】でスルーして頂きたい。


日深夜でも結構人がいて入りたい場所に入れない。
とりあえず潮通しの良い場所に入りキャスト。
海況自体は凪で、潮もゆるゆると流れてて良い感じではある。
目視できる所にエギンガーが入れ替わ立ち代りくるが誰も上げている様子はない。
ビニール袋もぶらさげていないようだ。
この場所ではアベレージサイズを2杯上げるも反応が薄い。ううむ、やはり渋いのか!?


明かりがまったくない空。
見上げれば白っぽい天の川がくっきりと美しい。
西に傾くハクチョウ座付近からは頻繁に星が流れる流星。
あ、そっか!
この状況を打破する戦略をひらめいた。 ・・・サイズは選べない釣りになるとは思うけど。
その戦略を試すにはこの場所では無理。車に戻り場所を移動。


だ9月だからイカは確実に沿岸にいる。
一つ、大きな理由があって、エギを追いきれてないだけ。
自分の推理が正しければ、今日のコンディション下ならこの場所でキャストすれば答えはすぐにでるはず。


結果は・・・1投目から早速ドンッ!と来て、さっきの磯での渋い感じが嘘のような連発劇あ始まった。

アオリイカ

ロッドが次々と曲がる

これが正解かどうかはわからないがやはりひとつのパターンなのだろう。
キープサイズは12~16cm。4時間振って終わってみればリリースを除いて余裕で30杯以上。推理が当たって!?今回も凄く楽しめた。


■CONDITION
2012年9月13日 1:30am~5:30am
天候:晴れ
海況:波高0.5m
月齢:26.5
潮汐:若潮
場所:鶴岡市

■TACKLE DATA
ROD:ヤマガブランクス VARIOUS EG84M
REEL:シマノ ヴァンキッシュ C3000SDH
LINE:CASTAWAY PE0.6号+リーダーフロロ2号
LURE:餌木3号~2.5号

■RESULT
アオリイカ 胴長8~16cm 多数



ページトップへ