2012/12/03 of 旬魚釣行web

2012年12月3日

JP 初冬の凪磯でショアジギング


の時期、とても貴重な凪予報に、先週同様にまたもや強行スケジュールでの弾丸釣行。夜明け前、西に傾くオリオン座とランデブーしながら一路鶴岡磯を目指す。



月山道

月山道R112は-6℃。でもこんな圧雪のほうがまだマシだ。鶴岡市内は濡れた路面がそのまま放射冷却で凍結していてスケートリンク状態。油断するとすぐ車の挙動がおかしくなってしまう危険な路面だった。





温はマイナス。凛とはりつめ、透明感のある冬独特の空気。
LinkIconふらっと「肴」釣り 』のbleu氏と合流。・・・実は、前々からいろいろコンタクトをもらっていたのだけれど、顔合わせは今回が初。釣りのみだけではなく、料理と酒でアフターをも存分に楽しむ、という自分と似たスタイルを持つ読者さん。Blogの画像を通してみても料理の腕前が凄いことがわかる。

釣って殺めた魚を美味しくいただくということは、自分の中ではスタンダード。例え釣りが上手くても、これを自身で出来ない(やろうとしない・他人任せする)ような人間を、自分は真の釣人と思うことはないし、一緒に釣りをすることはない。・・・氏の料理には自然の恵みへのリスペクトを感じる。

それと、現在、旬魚釣行webへアクセス数(PV)は月間のべ±40,000というところ。BBSがないせいか「教えてください」とか「ぜひお会いしたい」等といろんなメールが来て、いままでに様々な人と釣りをした。・・・中には「ライジャケ着てますよ~俺マナーちゃんとしてます」的に近づいてきて会ってみれば単なる「クレクレ君」だったり、「自分さえ良ければよいという礼儀がない残念な人(達)」を受け入れたこともあった。・・・正直、自分の人を見る力の無さに呆れてしまうし、無かったことにしたいところだ。もちろん、その逆で素晴らしい釣人との出会いもあったが・・・あ、思わず逸脱してしまった。


ショアジギング

「磯ジギは初です。ホントに釣れるんですか!?って感じです」という横で、「ホントです」と1投目からヒット。出来すぎのアジテーション。


KR-L86TP-M+ステラ

出だしとは裏腹に海からの反応は渋く、それでもなんとか2匹釣り上げ、3匹目があっさりバレてしまった。食いが浅い感じのバイトだった・・・そして、このスポットは、『潮触りが悪い』とでも言ったらいいのだろうか・・・ジグをシャクってキレる感がイマイチ。後も続かず、鳥も沸きも見えないので、魚が回りやすい有望スポットをランガンしてみることに。


bleu

bleu氏も3箇所目で笑顔。おめでとさん。


クレイオス KR-L86TP-M

潮目がはっきりし始めたときだけ反応がある感じ。コツをつかんだbleu氏もテンポよく釣果を伸ばしているようだ。



イナダ

サワラ

最後はサワラ。bleu氏が美味しく食べるそうなので進呈。



鳥海山

タイムアップ。仕事に戻らなければならない。bleu氏といろいろ今後の約束して高速戻り。楽しかった。



気をたくさんもらえた多分今期ラストの釣行。
師走の、慌ただしくて、クリスマスカラーに華やいでいる街に戻る。



■CONDITION
2012年12月3日 7:00am~10:30am
天候:晴
海況:波高1~0.5m
気温:0℃
月齢:18
潮汐:中潮
場所:鶴岡市

■TACKLE DATA
ROD:オーシャンルーラー クレイオス KR-L86TP-M
REEL:シマノ 10 ステラ C3000 (PE0820スプール/ラピッドファイアドラグ)
LINE:CASTAWAY PE0.8号+リーダー22lbs.
LURE:jig

■RESULT
イナダ 40~50cm 5匹
サワラ 50cm 1匹




■After Fishing

MENU:イナダのつみれハンバーグ・庄内砂丘大根と柚子のポン酢で

イナダのつみれ焼き・庄内砂丘大根と柚子のポン酢で

フレッシュな辛口の白ワイン『ミュスカデ(Muscadet)』で乾杯。
釣ってきた魚を料理して、家族にそれを喜んでもらえる至福。

料理の詳細はLinkIconBlog.-1968X-Styleブログアイコンで。


ページトップへ