2016/09/28 of 旬魚釣行web

2016年9月28日

JP久々の庄内エギング☆ちょっと渋かった


趣味がボディメイクとジョギングとかにほとんどシフトしつつある今日この頃。
体脂肪率は常に一桁をキープ。

JP 48歳の体脂肪率


8月末には赤道直下・路面温度50~60℃の過酷なフルマラソンも完走してきましたよ!

JP フルマラソン完走

もともと持久走は苦手。
でも42.195㎞を走り終えたときの達成感が気持ち良くってハマっちゃいました。
マラソンは来年はサブ4、できればサブ3.5を狙っていますよ~。



◇─+゚*。:゚+─◇─+゚*。:゚+─◇─+゚*。:゚+─◇



妻が、
「旬の煽り烏賊のカラマリで白ワインが飲みたいね」
という。
「OK、朝だけいってサクサクと釣ってくる」
往復だけで4時間もかかるし、帰って仕事があるので釣りが実質できるのは朝3時間程度。
以前より燃費も良い車にしたんだけどね。
運転が辛いし、なかなか足が向きません。

暗いうちに到着。
車を停めて外に出ると波の音がいい凪っぽくて期待して磯に立ったんだけど…
なんてこったのギラギラ夜光虫の海。
案の定、反応がなく渋い。
潮の動きは表層が左から右へ流れる下り。
しかも激流で下層はアテの2枚潮という最悪さ(泣)
釣りから遠ざかってるから釣り勘も落ちてるのか、根の位置も知り尽くしている磯で餌木3つもロスト。
環境汚して申し訳ない<(_ _)>

次第に夜があけてきて周りが見えるようになると、
「潮色がなんか青汁っぽい」
ああ、こういう潮色でいい思いをした試しがないな。
と、ブレイクより手前の根の上、
上潮が根に当たって反転流を起こしているあたりでトンっと抱いた。
久々の感触。

庄内エギング 2016 9月末


これもブレイクより手前の根の上。胴15㎝くらいのヒロシ居付。

庄内エギング 2016 9月末


唯一、ブレイクより先のディープで抱いてきた胴17㎝くらいの個体。
綺麗なアイシャドーが印象的。

庄内エギング 2016 9月末

回遊キタ━(゚∀゚)━!?と思ったけど続かず。
それもそのはず。毎回餌木を茶色系の魚が数匹追ってくる。
カマスが起きてきたようだね。
濁っているから正確でないけど、見た感じだと結構大きそう。
これが毎回追ってくるようだとイカは期待できないな。
あえてメタジに変えずにここで納竿です。

サクサクっと釣れる時期なのに3時間振って結局4杯しか釣れませんでした。
現場で話したエギンガさん2人はアタリもなかったそうで…
相手は自然だからどうしようもないね。
暇を作って再チャレンジしたいな。



◇─+゚*。:゚+─◇─+゚*。:゚+─◇─+゚*。:゚+─◇



アフターは和洋折衷いろいろ作って、
テラ・ヴィティス認証のミュスカデで美味しく頂きました。

テラ・ヴィティス認証のミュスカデで美味しく頂きました

握りとかお造りとかにすると日本酒もいいけどワインならやっぱりミュスカデがあいますね。
これ値段の割に美味しかった。





◇─+゚*。:゚+─◇─+゚*。:゚+─◇─+゚*。:゚+─◇

(10/1追記)
端身でパスタを作りました。
"グルテンフリーのパスタ・煽り烏賊とブロッコリーのアーリオオーリオ"

グルテンフリーのパスタ・煽り烏賊とブロッコリーのアーリオオーリオ

具はアオリイカの切れっぱしと無農薬のブロッコリーのみ。
スライスしたニンニクをたっぷりのオーガニックオリーブオイル(お気に入りのチュニジア産の採れたてを低温圧搾してそのままパックしたもの)に入れ低温でじっくり香りを移し、ニンニクが色づくちょっと前頃に鷹の爪を少々。
茹でたブロッコリーとアオリイカの身を中強火でオイルに絡めるように炒めていきます。
味付けはフランスの岩塩と黒胡椒のみですが、パスタについた塩っけと、パスタを絡めた後の味を想像して少しだけ濃い目に。
モロヘイヤと玄米が練りこんであるというこのグルテンフリー(無添加・オーガニック)のパスタと煽り烏賊の相性も抜群でした。
美味しかった。ご馳走様でした(^^v
さて次回はいつになるのか…!?


■CONDITION
2016年9月28日
天候:快晴
海況: 凪
月齢:26.7
潮汐:若潮
場所:庄内鶴岡磯


■TACKLE DATA
ROD:アークエット ARQS-86EM
REEL:ステラ C3000
LINE:PE0.6号+リーダーフロロ1.75号
LURE:餌木

■RESULT
アオリイカ4杯


ページトップへ